本文へスキップ

バランス・スコアカード導入サービス|和歌山市の税理士事務所・北畑会計事務所

TEL. 073-433-0774

〒640-8211 和歌山市西布経丁2丁目5−1

バランス・スコアカード導入サービス

バランス・スコアカードとは

誰でも、ありたい姿があるはずです。会社も同じです。

会社が、ありたい姿に近づくためには、行動が伴わなければなりません。

バランス・スコアカードとは、その行動計画に関するマネジメント・システムです。

会社は、財務(試算表)だけを見ていればよいのでしょうか?

もっと大事なものがあるはずです。

会社がやるべきことはたくさんありますが、

これをバランスのとれた、最も大事なものに絞り込み、

継続的にスコア(計る)することによって、事業を成功へと導きます。

「バランス」をとるために、以下の4つの視点からアプローチを行います。

@ 財務の視点

A 顧客の視点

B 業務プロセスの視点

C 人材と変革の視点

経営者の頭の中に、日頃点在する大事なことを、上記の手法を使って整理し、体系立て、

継続的にモニタリング(計って)していくこと、これが、バランス・スコアカードです。

「バランス・スコアカードは、アメリカでできた考え方で、現在、日本で非常に注目を集めている

最新の経営手法です。

アメリカの成功例としては、サウスウエスト航空という会社があります。

日本でも、リコー、シャープ、沖電気、マクドナルド等、数々の企業が導入しています。」

バランス・スコアカード作成

 

バランス・スコアカード

戦略マネージメントシステムとして最も注目度の高い「バランス・スコアカード」は、ビジネス活動・成果をモニタリング・コントロールするために不可欠なツールであり、経営革新を実現するために画期的なツールとして、多くの企業で導入され、その成果が実証されています。
「バランス・スコアカード」は、企業を『財務の視点』だけでなく、「顧客の視点」「業務プロセスの視点」「人材と育成の視点」からアプローチし均整の取れた企業のボディを作り上げます。
「バランス・スコアカード」を作成することにより、企業戦略が明確になります。
「バランス・スコアカード」は企業の戦略を組織全体に伝えるメッセージツールとしての機能と企業の戦略の遂行を多面的に評価する機能があります。

こんな方にお勧めします

先行き不透明感の中、明確な経営戦略を持ちたい。
現状のマンネリ経営から脱却したい。
組織内のベクトルをそろえ、全員一丸となって事業遂行にあたりたい。

バランス・スコアカード導入 申込

担当:元畑までお電話下さい。  TEL:073−433−0774

バランス・スコアカード Q&A

経営者に求められる最大の要素は何ですか?
一般に言われるのは、「人・物・金」の3要素を戦略的・総合的に管理する事だと言われています。しかし企業を長期的に発展させるには、財務(お金)のみに偏らない、行動指針・評価指標を持つ事です。
つまり経営戦略ということですか?
そうです、例えば、「売上を上げたい!」としましょう。そのためには行動が必要になります。財務(数字)の視点だけで考えるのではなく、顧客の視点(顧客満足・CS)、業務プロセスの視点(仕事のやり方)、人材の視点(人の能力)といった視点をあわせて考えないと売上増は望めません。
つまり「売上増」は行動の結果であるので、そのために「何を選んでどう行動したのか、選択した行動が予定通り出来ているか」を、測る必要があります。
そのような方法があれば教えて下さい。
最近最も注目されている経営手法に「バランス・スコアカード(BSC)」というのがあります。
BSCがまさにこの方法です。
「バランス・スコアカード」ですか?聞いたことがありませんが?
BSCを簡単に説明しますと、会社の戦略、言い換えると「儲かるストーリー」を財務・顧客・プロセス・人材と4つの視点で考え、それが達成されているかどうかを測るという経営手法です。「風が吹けば桶屋が儲かる」という言葉がありますが、そのような曖昧な仮説ではなく、例えば、「人の能力が上がれば、良い製品が出来、その結果お客様に喜んでもらえて、売上が上がり、最終的に収益が向上する。」というような確実な仮説を考えてそれがうまく出来ているか否かを測り続ける仕組みです。

バランス・スコアカード説明図

*

導入して成功した企業はありますか?
たくさんありますが、金沢市にあるアトム運輸という会社が有名です。この会社は、1993年から導入し10年間で4倍の配送量になったそうです。また、企業だけでなく、三重県の病院事業庁や横須賀市でも取り入れています。
BSC研究の第一人者である吉川先生(横浜国立大学名誉教授)は、ご自身の人生をBSCで作られているそうです。
KGI(Key Goal Indicator)とは
KGIとは、モニタリング指標の一つで、「最終的に何を達成するか」という成果指標です。企業の経営戦略から導かれる成果を数値で示したもので、売上高や利益額といった財務的な指標が代表的な例になります。経営戦略からKGIを定め、そこにいたる中間目標としてKPIを定める。というようにKPIとセットにしてモニタリングを行います。
KPI(Key Performance Indicator)とは
KPIとは、モニタリング指標の一つで、「どのレベルで達成するか」を定量的に測るための指標です。KGIの求める売上高や利益額といった財務関連の成果を実現するための中間目標という位置づけで、例えば新規顧客の獲得や営業職員1人当たりの契約件数といった業務遂行上の指標を定め、モニタリングを行います。
バランス・スコアカードを導入している和歌山の企業はありますか
私の事務所ですでに20社の作成をお手伝いしました。今後、和歌山でも「バランス・スコアカード」を導入する会社が増えてくると思います。

バランス・スコアカード お問合せ

担当:元畑までお電話下さい。  TEL:073−433−0774


MFクラウドサービス 財務分析サービス 月次決算サービス
財務顧問・セカンドオピニオンサービス バランス・スコアカード導入サービス 弥生会計オンラインサポートサービス

バナースペース

北畑会計事務所

〒640-8211
和歌山市西布経丁2丁目5−1

TEL 073-433-0774
FAX 073-433-1187